プリヴェイル エッセンシャルオイル スィートオレンジ(3ml)
プリヴェイル エッセンシャルオイル スィートオレンジ(3ml)
エッセンシャルオイル スィートオレンジのミニサイズです。心をなぐさめ、明るい気分にしてくれます。
初心者の方でも使いやすい精油です。【AEAJ表示基準適合認定精油】
商品コード
13620
販売価格
¥648(税込)
数量:
カートに入れる
エッセンシャルオイル スィートオレンジ3ml 学 名  Citrus sinensis
科 名  ミカン科
原産国  アメリカ
抽出方法 果皮 圧搾法
商品説明 香り:柑橘系 ノート:トップ

【こんなときにオススメ】
・気分を楽しくしたいとき
・寝つきをよくしたいとき
・部屋の掃除に

スィートオレンジ精油は、神経の緊張を緩めてリラックスさせ、ストレスによるイライラの解消や不眠に役立ちます。暗く落ち込んだ心を温め、明るく前向きな気持ちにしてくれます。食欲を増進させることから消化器の働きを整えて活性化させます。

<相性のいいオイル>
比較的どのオイルとブレンドしても○
※ご注意:マッサージ等の香りつけに使用したときは、4時間位は強い直射日光にさらさないようにしましょう。

成分例 リモネン、ネロール、シトラール
内容量 3mL
使用説明書付

一瓶で約60滴、一滴は約0.05mlです。
アロマライトやアロマバスなど1回5滴使用したとして約12回分強です。

ボトル仕様 バージンキャップ付滴下式遮光ボトル
箱サイズ 横幅3.0 奥行2.5 高さ6.6cm

公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)表示基準適合認定精油
酸化による品質劣化を防ぐため、丁寧に窒素充填しています。

店長のアドバイス(エッセンシャルオイル使い方)

◇ティッシュを使って芳香浴
ティッシュを半分に折りたたみ、真ん中あたりに、オレンジ精油1滴、レモングラス精油1滴垂らします。適当なサイズにティッシュを折りたたんだら、手元に置いておきます。レモングラスのパンチが効いた、シュパッと爽やかなシトラス系の香りに包まれます。元気が欲しい時や、気分をリフレッシュしたい時におすすめです。


明るく爽やかなオレンジの香りですが、実は劣化が早い香りでもあります。開封後は半年以内を目安に使い切るようにしてください。香りが変わってしまった・・という時は、お掃除で使いきってみましょう。


◇アロマクレンザー
小鉢に重曹を大さじ3杯入れ、オレンジ精油を3〜5滴ほど垂らします。アイス用の棒スプーン等でザクザクと全体を混ぜ合わせ、重曹に精油を馴染ませます。これで、アロマクレンザーの出来上がり。


水で濡らしたスポンジに適量取り、シンクやガス台などを洗います。
最後に、水で重曹をしっかり洗い流すか、濡れた雑巾でよく拭き取ってください。
オレンジの香りに包まれ、キッチン周りが爽やかになります。
残ったアロマクレンザーは、三角コーナーやゴミ箱に少量入れておくと、爽やかになります。


◎これだけは守ってほしい注意事項


▲精油を直接肌につけないでください。
▲火気厳禁。
▲お子様やペットの手の届かない所に保管してください。
▲高温多湿、直射日光を避け、冷暗所に保管してください。
▲精油を飲まないでください。
  誤って飲んでしまい、口の中にオイルが残っているときは、大量の水で口をすすぎましょう。
  飲み込んでしまった場合は、飲んでしまった精油を持って医師に相談しましょう。
▲お子様、お年寄り、妊婦の方は芳香浴が基本です。
  芳香中に気分が悪くなった場合は、使用を中止し換気してください。
  トリートメント等で使用する場合は、医師に相談してください。
▲柑橘系オイルの注意事項柑橘系の精油をトリートメントで使用した時は、
  すぐに直射日光(紫外線)にあたらないでください。
  これらの精油をトリートメントで使用するときは日中は避けましょう。




エッセンシャルオイル 人気ベスト5

・ラベンダー・グレープフルーツ・オレンジ・ベルガモット・ゼラニウム



気分やシチュエーションに合わせて選んでみましょう。

リラックス リフレッシュ アクティブに スッキリしたい
・ラベンダー
・クラリセージ
・マージョラム
・ローズマリー
・レモン
・ジュニパー
・オレンジ
・グレープフルーツ
・レモングラス
・シトロネラ
・ペパーミント
・ユーカリ
幸せな気分に ロマンッチックに 爽やかに バランス
・マージョラム
・グレープフルーツ
・クラリセージ
・イランイラン
・パチュリー
・マンダリン
・ティートリー
・コーンミント
・ユーカリ
・ゼラニウム
・ベルガモット
・パルマローザ

推奨ブラウザはInternetExplorer11、Safari(MacOS X 10.11、iOS9)です。

Powered by OTSUKA CORPORATION since 2000